デートプランin浅草編

こんばんは。
今日もデートプランをコツコツ書く話。

今回の舞台は「浅草」。
待ち合わせはもちろんど定番の「浅草寺 雷門」。

こちらは地下鉄浅草駅の1番出口からすぐなので、

地下鉄銀座線(1番近い)
都営地下鉄浅草線(ちょい歩く)
東武スカイツリーライン(松屋浅草をテコテコ歩く)

をお使いの方は迷わず待ち合わせできると思います。


ただ、ここ浅草には「浅草駅」がもう1つあります。

つくばエクスプレス

をご利用の方は、雷門で待ち合わせると駅から遠回りになるので、そういう場合は「ドン・キホーテ」か「まるごとにっぽん」で待ち合わせましょう。
無事待ち合わせできたら、まず浅草を食べ歩き。










花月堂
浅草名物「メロンパン」を頬張りながら浅草デートがスタート。
各メディアで紹介されているこのお店のメロンパンの特徴は「ふわふわ」で「サクサク」。
直径15cmもある「ジャンボメロンパン」をシェアするのも良し、以前は夏季限定だったのがレギュラーメニューになった「アイスメロンパン」を2人で買って色んな味を楽しむのも良いですね。
ジャンボメロンパン 1個¥220
アイスメロンパン 1個¥500










浅草メンチ
浅草の食の台所(←岡田命名)の伝法院通りにあるこのお店は常に行列ができるメンチカツ一本勝負のお店。(←ビールは別腹)
ジュワっとジューシーなメンチカツとビールのマリアージュで、浅草デートのテンションが上がってきますね。
メンチカツ 1個¥250
生ビール 1杯¥500











浅草寺(観音堂)
浅草寺の本堂は「観音堂」と呼ばれています。
浅草寺の信仰が始まった起源は7世紀まで遡ります。
漁師の兄弟が隅田川で漁をしていたところ、投網に掛かった観音様を当時の豪族に見せ、その豪族が私邸を寺に変えて観音様を祀ったのが始まりと言われています。




なんてウンチクを話しながら伝統文化を体感しましょう。










浅草神社(三社様)
参拝をするならこちら。
観音堂のすぐ東隣にある浅草神社は「三社様」と呼ばれています。(←ウンチクスタート)


先ほどの浅草寺の起源となった観音様を拾った漁師の兄弟と、豪族の3人を神(三社権現)として祀っています。
当時は観音様と一緒に祀られていましたが、明治時代の神仏分離(←教科書読み返そう)により、今の浅草神社に改められたそうです。(←ウンチク終わり)

毎年5月には有名な「三社祭」が行われるので、お祭りや屋台を楽しむのもいいですね。










天ぷら あかし
浅草でのランチは、小粋に天ぷらなんていかがですか。

ここのお店は浅草名物「人力車」のお兄さん達も御用達の名店。
ディナータイムはちょっとお高いけれど、ランチタイムはリッチな天ぷらが超リーズナブル。

カウンター越しに一本一本出される天ぷらに舌鼓を打ちましょう。
1人当たり ¥1500〜¥2500
食べログ(昼)¥2000〜¥2999










蕎上人(そばしょうじん)
浅草は蕎麦の名店がひしめいていますが、その中で岡田のオススメはこのお店。
せいろ、さらしな、田舎蕎麦、茶そばのほか、ゆず、レモンなのどの香りを打ち込んだ10種類の蕎麦から、毎日5種類を打っています。
色鮮やかな5色蕎麦で目でも蕎麦を楽しめますね。

1人当たり ¥1500〜¥3000
食べログ(昼)¥1000〜¥1999












以上。
まだまだ歩ける元気があったら、浅草から徒歩でも行ける「東京スカイツリー」「東京ソラマチ」でデートするのもいいですね。
そちらのプランはまた今度。


それではまたお会いしましょう。

出張ホストクラブ「ホストロイド」   岡田なっくるの悠遊自適

"ホストロイド"取扱説明書

0コメント

  • 1000 / 1000