デートプランin銀座編(昼ver.)

こんにちは。
今日はデートプランをコツコツ書いていく話。




ブログトップにも書きましたが、皆さんが不安に思うことの1つ「予算」。

このブログでは、僕が実際にそのお店や施設を利用した時にかかった費用を参考に、赤裸々に紹介していこうと思いますので、是非参考にしてみてください。(←食べログ価格も引用)





まず第一弾は岡田が最も出没している街「銀座」。(←不安煽ってどうする。)




みなさん、銀座ってどんなイメージですか?




敷居が高い。
1平米あたりの土地の価値が高い。
ザギンでシースーは高い。




高いばっかりですね。(←3Kが分かる世代)




でも、中にはリーズナブルで、銀座という名前に相応しい味を提供してくれるお店が沢山あります。
岡田は日々そういうお店を開拓するのが趣味なので、その中からオススメのお店を紹介します。







・・・・・・・







あまり銀座でランチしたことないな。。。(←夜メイン)




ということで、ランチタイムは1つ隣の駅「日比谷」に移動しちゃいます。(←歩いても行けます)




東京ミッドタウン日比谷
待ち合わせはもちろんここ。
2018年3月に開業し、まもなく2周年を迎える新しい日比谷のシンボルです。
地下鉄日比谷駅から直結しているので、迷子になることはほとんどありません。(←事前にどの出口で待ち合わせするか相談しましょうね)


ランチタイムで一番お勧めなのは、1Fの入り口付近にお店を構える「Buvette(ブヴェット)」。
欧州のカフェとワインバーが融合したようなお店は、天気の良い日は絶対にテラス席がオススメ。
メニューはパンやワッフルに卵料理やサラダ、ハムにサーモングリルなどをあしらったお洒落なランチが楽しめます。

1人当たり ¥1500〜¥2500
食べログ(昼)¥1000〜¥1999





美味しいランチを堪能したら、ミッドタウン内の専門店をブラブラするのも良いですね。
個人的にはタオルのお店がオススメ。
あのモフモフ具合が堪らんのです。(←高いから買わないけど)





共通の趣味が映画だったら、迷わず4Fへ。
都内でも有数のスクリーン数を誇るTOHOシネマズ日比谷で、最新の話題作を見て2人で盛り上がりましょう。
岡田はミーハー根性丸出しの超話題作からマイナー作まで幅広く観ますので、お勧め映画教えてくださいね。(←ディズニー映画も大好き)

1人当たり ¥1800(水曜日はレディースdayで¥1100、ポイント使用で6回に1度は無料!)
ポップコーンペアセット¥1060
チュリトス¥350
ビール(マスターズドリーム)¥850




映画を見終わってまだ外が明るかったら、隣の日比谷公園でまったりするのはいかがですか。
公園の入り口にはお花屋さんがあるので、岡田からのサプライズプレゼントがあるかも。(←ベタだけど花選ぶの好き)




他にもミッドタウンには地下1Fにお洒落なフードホールがあるのも魅力です。
こちらのフードホールでは、サラダ尽くしのお店、スパニッシュ料理が串に刺さって単品から注文できるお店、オイスターバー、BBQバル、ベトナム料理、ミートボール店など、多種多様なお店からフードコートのようにテイクアウトできます。(←イートインもあり)
その日の気分で色んな料理をチョイスして食事を楽しむのもいいですね。

1人当たり 各メニュー¥400〜¥1500
ドリンク¥800〜
ボトルワイン¥3500〜





いかがでしたか。
ランチタイムからの銀座(←ほぼ日比谷)デートプランでした。







【番外編】
やっぱりザギンでシースーだろ、という方にオススメのお店を2つ紹介します。



回転寿司根室花まる
こちらは銀座数寄屋橋交差点すぐにある「東急プラザ銀座」の10Fにあるお店。
銀座で回転寿司?
と思われるかもしれませんが、こちらは食べログ評価も高く、連日満員で賑わっているお店です。
銀座一等地にありながら、価格は1皿¥143〜とリーズナブル。人気があるわけです。
なお、こちらのお店、同じく東急プラザの地下1Fに板前&スタンディングスタイルのお店があり、サクッとお寿司を食べるのにオススメです。

1人当たり ¥1500〜¥3000
食べログ(昼)¥2000〜¥2999






高級寿司食べ放題 雛鮨
こちらも銀座数寄屋橋交差点すぐの西銀座デパート2Fにあるお店。
常時60種類上の高級寿司が、なんと食べ放題。(←お味噌汁付)
何貫食べても¥3990+税なので、お腹いっぱい銀座の高級寿司を楽しむならこちらがオススメ。

1人当たり ¥3990+税
飲み放題 ¥3990+¥1200+税




以上。
番外編まで、盛り沢山の内容でした。
次回は銀座編(夜ver.)を更新します。



それではまたお会いしましょう。

出張ホストクラブ「ホストロイド」   岡田なっくるの悠遊自適

"ホストロイド"取扱説明書

0コメント

  • 1000 / 1000