続・筋肉牧場

こんばんは。
今日は約2ヶ月ぶりに連載を再開する、みんな大好き筋肉の話、第二話。

最初に一言。岡田はガチ勢ではありません。





皆さん、筋肉可愛がってますか?(←トレーニーの間では「筋肉と会話していますか?」に脳内変換されるそうです。)




トレーニングの仕方・効率性の話は、専門的な話から眉唾物な話まで、巷のネットで溢れてます。
今はパーソナルトレーニングもだいぶ浸透してきていますが、手軽にSNSやYouTubeを参考にしながらトレーニングできる時代です。(←インスタグラマー・ユーチューバーまじ尊敬。)





「情報が溢れすぎて何を参考にすればいいか分からない」





トレーニングを始める前の方は、こういった悩みに直面する方が多いと思います。





「とにかく何でもやってみる」




これが岡田の基本スタンスです。


何も解決してないじゃん!
とツッコミ入れていただいた方、ありがとうございます。
これは性格によるところが大部分を占めると思いますが、岡田は「損得を取るより、まず行動」をモットーに生きてます。(←モットーは英語でmotto。)



とりあえず自分の参考になりそうなことはまずやってみて、それから自分に合うのか合わないのかを判断する。
そうやって一つ一つ自分の知らないことを減らして引き出しを多くするっていうのも、悪くないもんです。
人と話すときも、色々な引き出しを持っていれば、その人の話に疑問を感じても


「あ、この人はこういう考え方を持っているのか」


と同調することができるはずです。
その人を頭から否定するより、まず同調することでその後の会話の幅も広がりますもんね。



はい、たまには岡田も真面目です。
安心してください。ここから筋肉の話に戻ります。


僕のトレーニングは筋肥大も視野に入れていますが、どちらかというと比較的軽めの重量で正しいフォームを意識し、しっかりストレッチを効かせたトレーニングなので、スリムアップを目指す女性向けなトレーニングでもあります。



肘を曲げて力こぶを作る形をイメージしてください。
それがいわゆる筋肉が「収縮」している状態。
そこから肘を真っ直ぐに戻した状態を「伸展」。
この「収縮」から「伸展」する動きを「ネガティブ」な動作などと言ったりしますが、このネガティブ動作の時に筋肉をゆっくりと、しっかりストレッチさせることにより、通常のトレーニングより「効く」トレーニングになります。
なので通常の重量でこのトレーニングをするとすぐ筋肉が疲労してしまうので、比較的軽めの重量でトレーニングをする。逆に言えば、比較的軽い重量でもネガティブ動作を意識すればしっかりと筋肉に効かせられるので、重い重量を扱えない女性にピッタリなんです。



もっと具体的なトレーニングに興味のある方は是非メールしてみてください。
きっとあなたにピッタリのトレーニング見つけてあげますね。(←資格はないけど知識とやる気はあり。)



筋肉の内旋と外旋の話はまた今度。
それではまたお会いしましょう。

出張ホストクラブ「ホストロイド」   岡田なっくるの悠遊自適

"ホストロイド"取扱説明書

0コメント

  • 1000 / 1000